らしい物達 / アクリル

続いて、最新作のアクリル画です!

 

UM_seibutsu_web180

「らしい物達 」 海野 峻宗 さん F8 (アクリル、キャンバス)

〈作者コメント〉 俺の性格をそのまま映したような作品になるのは当然ですね。

____________________________________

絵はその人らしさがにじみでてくるのが面白いところでもあると思います!

絵の具を楽しみながら描いているのが伝わってきますね。
画面全体に動きがあるので、見ていて飽きません。

青リンゴの明暗や、白い布のストライプの省略の仕方など、とても上手いと思います。

ものとものの関係や、壁、台、台から落ちている布の部分など、それぞれの光と影を大まかに捉えて従いつつも、自分なりの解釈で描けています。
青い布も、同じような青で均一に塗るのではなく、様々な青の色味を置きながら、折り返しの部分のふくらみや、床、背景といった布の全体の位置関係を表現できています。

崩していくと濁ってしまったり、全体の調和を取るのが難しいものなのですが、発色もよく、豊かな感性を感じさせる作品に仕上がっていると思います!

これからも、絵の具を使ってどんどん絵を描いていって欲しいです!

 

ポトスといちじく / 色鉛筆

最後は色鉛筆の静物をご紹介します。

大きな紙に色鉛筆だったので、2時間で描き上げるのは大変だったと思いますが、 ドローイングのようなイメージで雰囲気のある作品に仕上がりました!

 

IM_potos_web200_2  「ポトスといちじく 」 井村 三佳さん 380×540mm (紙、鉛筆)

〈作者コメント〉あまり慣れない色えんぴつ画への挑戦でしたが、いろんな色を足せば足すほど深みが出てきて、色をのせてて楽しかったです。

____________________________________

構図がとても良かったと思います。
ひきの構図だと机の線を描く人が多いのですが、後ろの背景もあわせうまく省いて、紺色の布の三角形とポトスの先で構図を捉え、余白が間延びせずに活かされています。

紙の白から背景の黄色、青い布へと徐々に色と大きな線が重ねられていくことで、視線が中央の主役に自然と誘導されます。
紺の布に残された大きな線が効果的できれいですね。
主役のポトスとカップ、いちじくは、固有色を残しながらも色々な色が重ねられていて、昼下がりの午後のような、暖かな雰囲気のある絵となりました!

 

 

___________

さて、井村さんはなんと妊婦さんで、8月にご出産予定です・・・!!
日に日に大きくなっていくお腹を抱えながらも、しっかりデッサンをしてくれました。

ご出産も近づきタブノキはしばらくお休みとなりますが、素敵な赤ちゃんの誕生が楽しみですね!

静物 (油彩、オイルパステル)

今週は菊地久仁子さんの油彩画をご紹介します!

まずは、これまで主にアクリルやクレヨンを使って描いてきた菊地さんが、初めて取り組んだ油彩です。なんとお父様が使っていた油彩道具を持ってきてくれました。親子で絵の具を共有できるなんて羨ましいですね。

 

KK_still_life_web150

「静物」 菊地 久仁子さん  F6(キャンバス、油彩・オイルパステル)

〈作者コメント〉 初めて油彩に挑戦しました。
ビンの透明な所や、石とザクロの立体感がうまく表現できないので苦労しました。
背景の色が気に入っています。
____________________________________

オイルパステルと油彩の併用で描かれています。オイルパステルの上からさらに油絵の具を重ねているので、ざらざらしたパステルと、もってりした油絵の具の異なる質感が効果的に働いています。また、背景の薄桃色の後ろから見え隠れする寒色が、画面全体をうまく引き立てています。

ただ単純に模倣していくのではなく、絵具感や色彩の方に目が届くところなど、初めての油絵なのにさすが、という感じです。ビンと背景の関係もうまくおさまっていて、軽やかで明るい絵に仕上がっています!